中学生まで医療費無料化
市政要求実現に全力
保育園・特養ホーム増設
LINEで送る

お知らせ

講演会:「LGBT、そして人権だれもが生きやすい社会へ」 

LGBT講演会チラシ確定

 LGBTって何? 最近、テレビや新聞で「LGBT」という言葉を目にすることが増えてきました。「性的マイノリティ」とも呼ばれ、ある調査では13人に1人の割合、学校の40人クラスに2~3人いてもおかしくない数。私たちの家族、学校、職場、地域で、ごく身近なことです。渋谷区や世田谷区での同性パートナーシップ制度、大阪市淀川区や岡山市などいくつかの自治体では、人権の問題として、条例や宣言、要綱の制定、相談窓口を設けるなどの取り組みが始まっています。教育の現場で人権教育の一環としてとりあげられ、個人を大切にし、すでに具体的な対応に取り組んでいる学校もあります。当事者でもある南和行弁護士のお話を聞く講演会を企画しました。どなたでも参加できます。ぜひ、お気軽においでください。

講師南 和行弁護士(なんもり法律事務所)

お話来住和行議員(日本共産党中野区議会)「息子のカミングアウトと議員活動の原点」  

日時7月9日午後1時30分 開会

場所:川崎市総合自治会館ホール

 南和行弁護士プロフィール 1976年大阪市生まれ。京都大学農学部、同大学院を経て住宅建材メーカーに就職。学生時代 に知り合ったパートナーと共に司法試験の受験を志し、大阪市立大学法科大学院(ロースクール)から司法試験に合格、2009年弁護士登録(大阪弁護士会)。2011年にパートナーと結婚式を挙げ、2013年から同性カップルの弁護士による法律事務所「なんもり法律事務所」を開設。一般民事の他、LGBTの差別や人種の問題、離婚・相続・遺言・養子縁組など家族の問題を多く取り扱う。民法772条による無戸籍の問題にも積極的に取り組む。2015年に『同性婚私たち弁護士夫夫です』(祥伝社新書)、2016年に『僕たちのカラフルな毎日弁護士夫夫の波瀾万丈奮闘記』(産業編集センター)を出版。

 

新着記事